Brith Stones

12月の誕生石 ターコイズ

12月の誕生石、ターコイズ。
12月の石としてはもちろん、その鮮やかな色から夏のジュエリーとしても人気が高い宝石です。
人類が親しんできたもっとも古い宝石の一つでもあるターコイズについて紐解きます。

What are turquoise? /ターコイズについて


ターコイズは地球上でも限られた場所でしか見つからない宝石です。乾燥した荒々しい大地に染みこんだ地下水の中で様々なミネラルが反応することで、ターコイズは生まれます。ルビーやエメラルドのようなきらめきや透明感はありませんが、ターコイズのひと目見たら忘れられない印象的な色、磨き上げることで生まれるろうのような光沢は、透明石とは違う魅力を持っています。

鈍いグリーン色から草原色、そしてスカイブルーのターコイズは、含まれる成分や密度の違いによって緑がかった色から白っぽい色まで豊富なバリエーションを見ることができます。スパイダーウェブと呼ばれる、茶色や黒の別の鉱物が網目状に入ったもの、ブルーの中にパイライトがきらりと光るものなど、実に表情豊かな宝石です。



History and Meaning /ターコイズの物語


ターコイズは最も古くから採掘されていた宝石の一つです。その歴史はエジプトのシナイ半島、紀元前6000年までさかのぼることができます。古代エジプト人はターコイズのことを「mefkat」と呼んでいました。これは「大いなる喜び」という意味です。ターコイズという名前はフランス語で「トルコの石」を意味する「Pierre turquoise」に由来します。これは西ヨーロッパの人々がこの宝石をトルコ産だと誤解していたためです。

ターコイズはとても軟らかいため、磨いたりカッティングするだけでなく彫刻によって模様や形を作ったジュエリーや作品も数多く作られました。ネイティブアメリカンは、ターコイズを鳥や動物の形に彫り込んで、お守りとして身につけました。産出される石のサイズも小さなものから大きなものまであり、小さなビーズをあしらったジュエリーや、カットした石を連ねたり組み上げたもの、金属のフレームにはめ込んだものなど、多彩なジュエリーが生み出されています。

12月の誕生石として親しまれているターコイズですが、その鮮やかな色は初夏や夏に身につけるジュエリーとしても人気があります。また、結婚11周年の記念石にもなっています。


Variety /HASUNAのコレクション


12月の誕生石、ターコイズを使用したHASUNAのジュエリーを紹介します。
※すでに完売している商品もございます。発売中の商品は こちらよりご覧ください。



登録されたお客様に商品やイベントの情報、キャンペーンの
ご案内などをお知らせするニュースレターを配信しております。

登録、解除、登録内容の変更はこちら

ページトップへ