Brith Stones

6月の誕生石

6月の誕生石は、ムーンストーンとパール。
月にまつわるふたつの天然石をご紹介します。


■ムーンストーン

月の光のような輝きを持つムーンストーンは、世界各地で月の神秘的な力を秘めた石として大切にされてきました。 古代インドでは、月が宿る石とされていたそうです。また、中世ヨーロッパでは、恋人たちが愛を確かめるために贈り合う習慣もあったそうです。 また「月」は女性の象徴であることから、女性を守る石とされてきました。
ムーンストーンには、「シラー(シーン)」と呼ばれる幻想的な光の効果をみることができます。この光は、ムーンストーンの特徴です。
一般的にムーンストーンは半透明、白といったイメージを持たれる方が多いと思いますが、オレンジ、ピンク、グリーン、灰色など様々な色合いのムーンストーンがあります。
HASUNAでは、乳白色の優しい雰囲気が魅力のムーンストーンをご用意しています。


History and Meaning /ムーンストーンの物語

ムーンストーンは「月長石」と呼ばれます。長石は多様な鉱物グループです。多くの火成岩中に含まれており、地殻上でできる主要鉱物として石英とともに重要な役目を果たしています。
成分の含有量により4つの大きなグループ(正長石、曹長石、灰長石、重土長石)に分類され、正長石~曹長石の成分を持つ鉱物としてムーンストーン(月長石)があります。
産地はスリランカ、インド、ミャンマー、マダガスカル、タンザニアなどですが特に高品質のものはスリランカから産出します。色調は無色、白色、帯橙ピンク色、淡灰緑色、黒淡灰色などです。




■パール

「人類が最初に出会った宝石」とも言われる、自然のままで美しい形と光沢をもつパールはいつの時代も憧れと称賛の対象です。
時代によって少しずつ、距離感やジュエリーとしての佇まいを変えながら、常に人の傍らにある宝石です。
6月の誕生石、パール(真珠)は他の多くの宝石とは異なり、水中に棲む貝の中から生まれます。宝石の中でも数少ない、有機物由来の宝石です。貝殻の成分と同じ炭酸カルシウムの薄い膜が数千層も重なることで光が複雑に反射し、「照り」と呼ばれるパール特有の美しい虹色の輝きがもたらされます。

パールは通常貝から取り出された後に、染みやくすみを取り除く「洗浄」と少量の染料で全体の色を整える「調色」という処理が行われます。
HASUNAの Voyage luxe magnet Voyage luxe blanc、そして Signatureの各コレクションではより自然のままに近い色を生かすため、無調色のパールから特に白色のものを選び抜いて 使用しています。



History and Meaning /パールの物語

アメリカの著名な鉱物学者・宝石学者であり、ティファニー社の副社長でもあったジョージ・フレデリック・クンツ博士は自身の著作の中で「自然のままでその完璧な美しさを誇る真珠は、人類が最初に出会った宝石である」と書き残しています。多くの宝石が磨いたりカットを施すことで初めて美しい輝きが生まれるのに対して、パールは自然からもたらされたそのままの姿で美しく光り輝きます。

パールはもともと、手に入れるために途方もない苦労を伴う宝石でした。
20世紀の初めに日本で真珠養殖の技術が確立され、現代の私たちが目にするような丸い珠のパールを養殖によって手に入れることができるようになりました。この技術はその後80年ほどの間に世界中に広がり、今日ではパールを手に入れるために水中に潜る必要はなくなりましたが、美しい球形と照り、色を兼ね備えたパールが育つためには、今でも多くの時間と細やかな作業が必要とされています。例えば1本のネックレスを仕立てるためには、同じサイズ、色、照りのパールを50~60個揃える必要があるのです。
パールは贈り物としても良いものと考えられており、ヨーロッパでは結婚3周年と30周年の記念宝石とされています。



5月の誕生石

5月の誕生石は、エメラルド、クリソプレーズ、アマゾナイト。
誕生石のジュエリーをご紹介いたします。
(取り扱い店舗: HASUNA表参道本店、HASUNA online store)

■エメラルド

数千年の長い歴史を持つエメラルドは、様々な民族から「魔法の石」として崇められてきました。
五月の誕生石としても名高く、そのグリーンの明るさと深みで人々を魅了する宝石です。
色、カット、光沢、すべてに納得のいくものを探し、やっと出会えたエメラルドをネックレスにあしらいました。

敢えてカット面を作らず、とろりとした雫型に仕上げたストーンは、小粒ながら存在感のある美しさに満ちています。
視線を惹き付けるエメラルドカラーとゴールドのコントラストは、装うひとをより印象的に見せてくれます。
体が動くたびに揺れる、上質感とエレガンスをお楽しみください。

■アマゾナイト

清涼感のある鮮やかなブルーグリーンのアマゾナイトは、ムーンストーンやラブラドライトと同じ長石グループの変種です。青色、空青色、青緑色、緑色を示し、産地やクオリティによってさまざまな表情が見られます。

鮮やかで模様が見えるタイプや、淡く透明感のあるもの、質の良いものは表面にキラキラとしたシラーを見ることができます。

ペルー産のアマゾナイトは鮮やかなブルー、ロシア産は、緑がかった色に模様入り、比較的新しい産地のウイグル産は、発色の良さと透明感が特徴です。

アマゾナイトという名前は、アマゾン川流域で採れた石、という宝石商の言葉からつけられたようですが、実際にはアマゾン川周辺では産出していません。

■クリソプレーズ

イエローがかったグリーンからアップルグリーンまで、明るいグリーン、萌黄色まで様々な色をもつクリソプレーズ。
明るいグリーンが人目を惹く人気の宝石です。

黄色みを感じる明るく半透明のグリーン色から、古代には黄金から生まれた石と考えられていました。

クリソプレーズと人類の関わりは古く、古代ローマではカメオなどの装飾品に使われたり、古代ギリシアや古代エジプトでもジュエリー・装飾品に使われました。
現在の誕生石の元になった、エルサレムの城壁の土台石に使われた12の宝石の一つとして聖書にも登場しています。中世でも、礼拝堂の装飾に使われるなど非常に高い人気があったそうです。


いかがでしたでしょうか?
5月の誕生石のエメラルド、アマゾナイト、クリソプレーズ。
新緑の季節にふさわしい宝石のジュエリーを、プレゼントに、ご自分用に、ぜひお選びください。

<商品一覧>


3月の誕生石 アクアマリン

3月の誕生石、アクアマリン。

HASUNAでは、Essence、Magnetコレクション等、アクアマリンを使ったジュエリーをご用意しております。
この春、Swingコレクションには、新たにミルキーアクアマリンのネックレスが加わりました。
3月の季節にふさわしいパステル調のミルキーなブルーは、春の到来を予感させます。

アクアマリンの魅力を紐解きます。

What are Aquamarine stones? /アクアマリンについて


「アクアマリン(aquamarine)」という名前は、ラテン語の2つの単語から派生しています。
aquaは「水」、marinaは「海の」という意味です。

名前に表れている通り海に由縁があり、この石が波を落ち着かせ海上で船員を安全に保つと言われていました。
また、3月の誕生石でもあり、幸せな結婚を繁栄させると考えられていました。

アクアマリンの色は、わずかな量の鉄分からなります。
また、アクアマリンはエメラルドなどを含むベリル(緑柱石)という鉱物の一種であり、ベリルには様々な色合いのものがあります。
色の違いは、結晶に含まれる鉄分の密度と場所によります。


3月の誕生石の他に、結婚4年目、19年目の記念石でもあります。


History and Meaning /アクアマリンの物語


「夜の宝石の女王」

宝石には様々な異名をもつものがあります。アクアマリンは夜の光で輝きを増す宝石で、照明の明かりで一層の輝きを増すことから、夜会用のジュエリーとして重宝されました。
そこで名付けられたのが「夜の宝石の女王」という異名です。

夜会のわずかな蝋燭の光に照らされてきらめくアクアマリン。
その輝きに人は魅了されてきました。

真夜中でも真昼のように煌々と照明が光る現代ですが、時には身につけるシチュエーションに合わせて身につける宝石を選ぶのも、ジュエリーの楽しみ方の一つですね。

アクアマリンは幸せな結婚の繁栄をもたらす宝石とも言われているので、結婚を祝福するシーンにもふさわしいジュエリーです。


Variety /HASUNAのコレクション


3月の誕生石、アクアマリンを使用したHASUNAのジュエリーを紹介します。
※すでに完売している商品もございます。発売中の商品は こちらよりご覧ください。

Swing
Swing
Swing


2月の誕生石 アメシスト

2月の誕生石、アメシスト。
神秘的な紫色の宝石、アメシストの魅力を解き明かします。

What are Amethyst stones? /アメシストについて


クォーツの変種であるアメシスト。
紫の宝石といえば一番最初に頭に浮かぶ最も有名で代表的な宝石です。
明るいライラック色から深みのある強いロイヤルパープルまでカラーバリエーションがあり、パープル~パステルカラーのアメシストは非常に高い人気があります。
アメシストは内包物が少なく、硬度もダイヤモンド・コランダム・トパーズに次ぐモース硬度7と申し分ありません。
色のトーンの幅が豊かなことから、ご自分の好みのトーンを選べることもアメシストの魅力です。

Amethyst
Amethyst
Amethyst


History and Meaning /アメシストの物語


アメシストを用いた宝飾品の歴史は紀元前2,000年までさかのぼります。
古代にはアメシストはエメラルドやルビーと同じくらい貴重とされ、司教の指輪や、王冠などに使われていました。権威を象徴する雄大な色は、ロイヤルストーンとして王族のみが身につけることを許されていました。古代エジプトからイギリス王室まで、世界中の王室コレクションからアメシストが発見されています。
その後も長い歴史の中で様々な時代に登場するアメシスト。
大胆で幾何学的なデザインを叶えるカットに耐えうるアメシストは、特にアール・デコの時代において最も活躍したと見て良いかもしれません。
現代ではトレンドカラーとしても注目され、淡いパステル調のアメシストは大変人気があります。
ウルトラヴァイオレットは独創的で神秘的な色、創造力や未来に向かう色とも言われています。
神秘的な魅力に溢れるアメシスト。ぜひお手に取ってお楽しみください。


Variety /HASUNAのコレクション


2月の誕生石、アメシストを使用したHASUNAのジュエリーを紹介します。


HASUNAでは、パープル色のアメシストから、淡いグリーンのグリーンアメシストまでご用意しております。


※すでに完売している商品もございます。発売中の商品は こちらよりご覧ください。


Amethyst
Amethyst
Amethyst
Amethyst
Amethyst
Amethyst



発売中のすべてのアイテムを見る

1月の誕生石 ガーネット

1月の誕生石、ガーネット。
様々な魅力をもつガーネットの魅力を解き明かします。

What are Garnet? /ガーネットについて


ガーネットはブルーとバイオレット以外の、オレンジや黄色、緑色等の色が産出します。
深く濃い赤が特徴のパイロープガーネット、パープルがかった赤のロードライトガーネット、みかんのようなオレンジ色のスぺサルタイトガーネット、緑色のディマントイドガーネットもあります。
ガーネットは研磨以外に手を加えなくても、その石本来の魅力で美しく伝統ある宝石です。
HASUNAでも、微妙に色合いの異なる個性豊かなガーネットのジュエリーをご用意しています。

Petal Garnet
Swing Garnet Pierces
Swing Garnet necklace
luxe garnet
luxe garnet
luxe garnet


History and Meaning /クォーツの物語


ガーネットという名は種子を意味するラテン語「granatus」。和名では、柘榴(ザクロ)を思わせることから、「柘榴石」と呼ばれています。 ガーネットは宝石史上早くからその名が登場している宝石の一つ。 その歴史は5000年以上にも及びます。
特に赤系統のガーネットは、数千年の歴史を持ち、エジプトではすでに紀元前3100年にガーネットのビーズと象嵌のジュエリーが広まっていたのだとか。
長い歴史の中で愛され続けてきたガーネットは、その多様性と個性から現代でも私たちをひきつけてやみません。


Variety /HASUNAのコレクション


1月の誕生石、ガーネットを使用したHASUNAのジュエリーを紹介します。
※すでに完売している商品もございます。発売中の商品は こちらよりご覧ください。

Garnet
Garnet
Petal Garnet
Petal Garnet


12月の誕生石 ターコイズ

12月の誕生石、ターコイズ。
12月の石としてはもちろん、その鮮やかな色から夏のジュエリーとしても人気が高い宝石です。
人類が親しんできたもっとも古い宝石の一つでもあるターコイズについて紐解きます。

What are turquoise? /ターコイズについて


ターコイズは地球上でも限られた場所でしか見つからない宝石です。乾燥した荒々しい大地に染みこんだ地下水の中で様々なミネラルが反応することで、ターコイズは生まれます。ルビーやエメラルドのようなきらめきや透明感はありませんが、ターコイズのひと目見たら忘れられない印象的な色、磨き上げることで生まれるろうのような光沢は、透明石とは違う魅力を持っています。

鈍いグリーン色から草原色、そしてスカイブルーのターコイズは、含まれる成分や密度の違いによって緑がかった色から白っぽい色まで豊富なバリエーションを見ることができます。スパイダーウェブと呼ばれる、茶色や黒の別の鉱物が網目状に入ったもの、ブルーの中にパイライトがきらりと光るものなど、実に表情豊かな宝石です。



History and Meaning /ターコイズの物語


ターコイズは最も古くから採掘されていた宝石の一つです。その歴史はエジプトのシナイ半島、紀元前6000年までさかのぼることができます。古代エジプト人はターコイズのことを「mefkat」と呼んでいました。これは「大いなる喜び」という意味です。ターコイズという名前はフランス語で「トルコの石」を意味する「Pierre turquoise」に由来します。これは西ヨーロッパの人々がこの宝石をトルコ産だと誤解していたためです。

ターコイズはとても軟らかいため、磨いたりカッティングするだけでなく彫刻によって模様や形を作ったジュエリーや作品も数多く作られました。ネイティブアメリカンは、ターコイズを鳥や動物の形に彫り込んで、お守りとして身につけました。産出される石のサイズも小さなものから大きなものまであり、小さなビーズをあしらったジュエリーや、カットした石を連ねたり組み上げたもの、金属のフレームにはめ込んだものなど、多彩なジュエリーが生み出されています。

12月の誕生石として親しまれているターコイズですが、その鮮やかな色は初夏や夏に身につけるジュエリーとしても人気があります。また、結婚11周年の記念石にもなっています。


Variety /HASUNAのコレクション


12月の誕生石、ターコイズを使用したHASUNAのジュエリーを紹介します。
※すでに完売している商品もございます。発売中の商品は こちらよりご覧ください。



10月の誕生石 トルマリン

10月の誕生石、トルマリン。

シックなカラーの秋冬のお洋服ともなじみやすい、落ち着いた色合いのトルマリン。
多彩なカラーバリエーションの中からご自分のお好みを探す愉しみもトルマリンならではです。
10月の誕生石、トルマリンの物語を紐解きます。

What are Tourmaline? /トルマリンについて


トルマリンは含まれる元素の微妙な違いにより、多彩な色が生み出します。
天然石の中でもひときわ多彩な色を持つといわれ、赤、橙、黄、緑、青、藍紫のすべての色が産出します。
静電気を生じ、ほこりを吸い寄せることから電気石とも呼ばれます。
2色や3色が楽しめるバイカラートルマリンや、ウォーターメロントルマリンなど、多彩な色の表情を楽しめるのもトルマリンならではです。


History and Meaning /トルマリンの物語


トルマリンの名前の由来は、スリランカのシンハラ族の言葉で宝石の砂礫を意味する「トルマリ(Trumali)」からきていると言われています。

1554年に、フランシスコ スピノザの遠征が、グリーントルマリン結晶の最初の記録となる「ブラジルのエメラルド」を発見します。
それから、18世紀まで、緑色のトルマリンは、エメラルドと混同されていたようです。

トルマリンは、10月の誕生石、そして結婚8周年の記念の天然石でもあります。


Variety /HASUNAのコレクション


10月の誕生石、トルマリンを使用したHASUNAのジュエリーをご紹介します。トルマリンのジュエリーは、ランダムなようで計算し尽くされた石の並びや、チェーンやモチーフとの絶妙なバランス。
色幅の豊かさがぎゅっと凝縮されたようなトルマリンの美しさを、十分に引きだしながら、多様な色を一つのジュエリーとしてまとめ上げています。

《新作 Signature トルマリンネックレス・ピアス 9/26発売!》

発売中の商品は こちらよりご覧ください。


8月の誕生石 ペリドット

8月の誕生石、ペリドット。
イエローグリーンが目に鮮やかなペリドットは、輝きが素晴らしい光の宝石です。
宝飾の歴史に、意外なほど深く存在感を残すペリドットの歴史を紐解きます。

What are Peridot? /ペリドットについて


ペリドットという名前の由来は諸説ありますが、 一説にはアラビア語で「宝石」という意味の「faridat」に由来すると言われています。オリーブグリーンの鉱石「オリビン」の中で特に宝石質の美しさをもつものだけが、ペリドットと呼ばれます。 ほとんどのペリドットは地球の奥深くで形成され、火山によって表面に達したものです。
しかし、ごく稀に地球に落ちてきた隕石(パラサイト)に含まれていることがあります。
2005年には宇宙探査で持ち帰られた彗星塵からペリドットが発見されました。
ただし、このような特別なペリドットは大変稀少なため、宝石として用いられることはほとんどありません。


History and Meaning /ペリドットの物語


紀元前1,500年前、現在セント・ジョンズ島と呼ばれる紅海のサバルカッド島で採掘が始められて以来、ペリドットは常に人気の宝石でした。

その鮮烈なネオングリーンの輝きによって、いつの時代も「光」と関連付けられていたペリドット。
古代エジプト人は「太陽の石」と呼び、ローマ人は「イブニング・エメラルド」と呼びました。これは、その高い屈折率から夜間の照明でも輝きを失わず、むしろ鮮やかな輝きを保ちながら一層の光沢を放つことによるものです。

人々は、長らくペリドットとエメラルドを混同していました。 例えば、ドイツの世界遺産、ケルン大聖堂で三聖王の神殿を飾る200カラットの宝石。 何世紀もの間、それはエメラルドだと信じられていましたが、実際にはペリドットだったのです。
また、有名なクレオパトラのエメラルドコレクションは、実はほとんどがペリドットだったのではないかという説もあります。

このように、ペリドットは宝飾の歴史に欠かすことのできない鉱物です。
8月の誕生石として有名ですが、結婚2周年、15周年を祝う宝石でもあります。



Variety /HASUNAのコレクション


ペリドットの色の範囲は狭く、茶色味がかった緑色から、黄色味のある緑色、そしてピュアなグリーンまで。その中でHASUNAが使用するのは、魅力的なイエローグリーンのペリドットです。
色幅の狭さもあり、なかなか好みの色に巡り会えない宝石です。 長い間自分好みのペリドットを探していらっしゃる方は、是非一度ご覧になってください。

8月の誕生石、ペリドットを使用したHASUNAのジュエリーを紹介します。


7月の誕生石 ルビー

7月の誕生石、ルビー。
目を奪われるような鮮やかなレッド、ピンク。ひとたび身につければ、高揚感をもたらし、自分に自信を与えてくれるような宝石です。

■ルビー


ルビーはサンスクリット語で「ratnaraj」 といわれ、「宝石の王」という意味を持ちます。ラテン語の赤色を意味するRUBER(ルベール)から名付けられました。その赤色は不滅の炎と信じられ、情熱や深い愛情と結びつくと考えられてきました。

また、不死身の力を授かるものとして戦場での護符や出産のお守りの役目もありました。宝石学が進歩する以前はレッドスピネルなど赤色系の宝石がみなルビーとされていた歴史を見てもその人気がうかがえます。


History and Meaning /ルビーの物語


古い歴史を持つルビーは、古代には静脈を流れる血液の赤みに類似しているためにルビーは貴重に扱われ、ルビーは生命の力を有すると信じられていました。

ルビーは最も歴史的に重要なカラーストーンの一つです。聖書の中で4度も登場し、美しさと知恵のような特性に関連付けられています。



Variety /HASUNAのコレクション


ルビーを使ったHASUNAのジュエリーは以下よりご覧いただけます。


6月の誕生石 パール

6月の誕生石、パール。
「人類が最初に出会った宝石」とも言われる、自然のままで美しい形と光沢をもつパールはいつの時代も憧れと称賛の対象です。
時代によって少しずつ、距離感やジュエリーとしての佇まいを変えながら、常に人の傍らにある宝石、パールの物語です。


What are pearl? /パールについて


6月の誕生石、パール(真珠)は他の多くの宝石とは異なり、水中に棲む貝の中から生まれます。宝石の中でも数少ない、有機物由来の宝石です。有機物の宝石には、パールのほかにさんごや琥珀(こはく)があります。貝殻の成分と同じ炭酸カルシウムの薄い膜が数千層も重なることで光が複雑に反射し、「照り」と呼ばれるパール特有の美しい虹色の輝きがもたらされます。

パールというと、アコヤパールのピンクがかったホワイトを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、パールにはホワイト以外にも母貝の種類や色によってバラエティに富んだサイズやカラーがあります。タヒチパールに代表されるブラック、南洋パールのゴールド、色幅豊かな淡水パール、珍しいものでは、コンク貝という巻貝から採れるコンクパールは、虹色の輝きがない代わりにつやつやとして濃いピンク色をしています。

パールは通常貝から取り出された後に、染みやくすみを取り除く「洗浄」と少量の染料で全体の色を整える「調色」という処理が行われます。
HASUNAの Voyage luxe magnet Voyage luxe blanc、そして Signatureの各コレクションではより自然のままに近い色を生かすため、無調色のパールから特に白色のものを選び抜いて 使用しています。



History and Meaning /パールの物語


アメリカの著名な鉱物学者・宝石学者であり、ティファニー社の副社長でもあったジョージ・フレデリック・クンツ博士は自身の著作の中で「自然のままでその完璧な美しさを誇る真珠は、人類が最初に出会った宝石である」と書き残しています。多くの宝石が磨いたりカットを施すことで初めて美しい輝きが生まれるのに対して、パールは自然からもたらされたそのままの姿で美しく光り輝きます。

パールはもともと、手に入れるために途方もない苦労を伴う宝石でした。19世紀の終わり頃まで、人々はごく稀に貝の中で自然に生まれるパールを見つけるために、水中に潜って貝を探していました(ナチュラルパール)。たとえ貝を見つけることができても、パールが入っているかは開けてみるまで分かりません。パールの形も自然に生み出されるままのユニークな形をしており、アンティークジュエリーではパールを様々な動物や自然のモチーフに見立て、宝石や金属で飾り立てた個性あるジュエリーを見ることができます。

20世紀の初めに日本で真珠養殖の技術が確立され、現代の私たちが目にするような丸い珠のパールを養殖によって手に入れることができるようになりました。この技術はその後80年ほどの間に世界中に広がり、今日ではパールを手に入れるために水中に潜る必要はなくなりましたが、美しい球形と照り、色を兼ね備えたパールが育つためには、今でも多くの時間と細やかな作業が必要とされています。例えば1本のネックレスを仕立てるためには、同じサイズ、色、照りのパールを50~60個揃える必要があるのです。
パールは贈り物としても良いものと考えられており、ヨーロッパでは結婚3周年と30周年の記念宝石とされています。


Variety /HASUNAのコレクション


6月の誕生石、パールを使用したHASUNAのジュエリーを紹介します。
HASUNAでは、主にアコヤパールと淡水パールを使用しています。淡水パールのアイテムは、アコヤパールでのオーダーメイドも行っております。フォーマルもしくはカジュアルなシーンなど、身につける場面に合わせてお選びいただけます。

※すでに完売している商品もございます。発売中の商品は こちらよりご覧ください。


登録されたお客様に商品やイベントの情報、キャンペーンの
ご案内などをお知らせするニュースレターを配信しております。

登録、解除、登録内容の変更はこちら

ページトップへ